トップマザーアースコンサート > アーティスト紹介

 

 

PROFILE

 

 

 

Mother Earth Concert

アーティスト紹介

比嘉ひろ音

比嘉ひろ音
(歌手・シンガーソングライター・ボイストレーナー)

少女時代よりクラッシック歌手を夢に見て各師に師事。しかし喉を痛め手術をよぎなくされ、その道を断念。その後「やはり歌しかない!」と10数年のブランクを経て、再び歌いはじめる。2004年から「いのち」の尊さをテーマに自殺防止を提唱した「マザーアースコンサート」を全国各地で開催。その他チャリティーコンサート、NPO、環境フォーラム、アースディコンサートなどの演奏活動にも積極的に参加。またOne Voice Worksと称して福祉施設や学校。幼稚園などでのコンサートも精力的に行う。その活動は様々なメディアに取り上げられている。

心と身体を解きほぐすボイスヒーリング・ボイスレッスンを行っている

 

 

ゆくみ くみこ

ゆくみ くみこ
(語り)

歌手・比嘉ひろ音が織り成す歌の世界に触れ、仲間達と深い感銘を受け、2003年の「マザーアースコンサート実行委員会」立ち上げより実行委員メンバーの一人として関わる。
比嘉ひろ音の手ほどきの元に2009年より表現者としての一歩を踏み出す。

 

 

牛島正人

牛島正人
(音楽プロデューサー・ボイストレーナー)

日本ビクター・リットーミュージック、NECアベニューにて楽器企画・音楽制作に取り組むかたわら、CM音楽やミュージカル音楽監督を手掛ける。
1992年 スーザン・オズボーン「和美(わび)」で日本レコード大賞受賞。
フリーの音楽プロデューサーとして独立。自らも音楽活動を開始。
「気持ちのいい声」を引き出すボイスセミナー・音楽セミナーを開催。個人レッスン・グループワーク等で幅広い年齢層を対象に国内外で精力的に活動中。

 

 

諸沢和良

諸沢和良
(ピアニスト)

70年代の洋・邦楽に影響を受け、20歳から独学でピアノを弾き始める。
ストリート演奏・様々なジャンルの音楽家とのコラボレーションを経て、独自の世界を創りあげる。

 

 

牛島 央子

牛島 央子
(脚本・キーボード)

ビクター音楽教室・日本音楽学校のピアノ講師を経て、CM音楽制作・ミュージカルのアレンジ演奏・声楽指導・コンサートイベントの脚本構成を手掛ける。
鋭い感性と直感、型にはまらない自由な発想で創造する世界は、聴く人の心に夢と希望を与えてくれる。